ホーム>自家製地ビールについて

自家製地ビールについて

銀座の地ビール 自家製八蛮ビール 味わいの特徴

大麦
大麦麦芽

 

当店で作っているヴァイツェンは南ドイツで作られている小麦のビール。バナナのようなフルーティな香りと酵母が浮遊していることによる白濁が特徴です。

苦味が少なくフルーティなので、ビールが苦手な方でもきっと大丈夫。ぜひ、一度飲んでみてください。もしかしたらこれからビールが病みつきになっちゃうかもしれませんよ。

銀座発の醸造所のHPが登場!限定ビール醸造に関する最新情報を発信していきますので、是非、ご覧ください!

http://www.ginzabrewery.co.jp/

小麦 ホップ ボタニカル
小麦麦芽 ホップ コリアンダー

 

銀座の地ビール 自家製八蛮ビールが出来るまで

看板

 

 

お酒好きで、ビールが好き。
とうとう醸造免許を取ってしまいました。  
額に汗して、本気で作ってます。
だから、本気で美味い地ビールです。

なんと店内にビール工場を用意!
だから、普段は決して飲むことの出来ない新鮮なビールを味わっていただけます。
1回の仕込みに、かかる時間はなんと12時間!
前日に仕込み水を沸かすところから、準備を始めて翌日11時に仕込みスタート。
仕込み終了は夜11時になります。 

大手企業のビールと同じ醸造工程は全て手作業。
小さな小さな銀座の醸造所で、飲み放題でお得にビール楽しんでいただくための一工夫です。
ビール工場
1.麦芽の糖化
糖化前期 糖化後期
糖化前期 糖化後期

麦芽に温水を加えて麦芽中のでんぷんを麦芽の持っている酵素によって糖分に変える作業です。糖分に変えることによって酵母がアルコールにすることができるようになります。
糖化作業が進むにつれて麦のおかゆの色が変わってきます。

やじるし

2.抽出

糖化作業で出来た麦芽のおかゆを麦汁と麦芽かすに分ける作業です。

やじるし

3.煮沸

麦汁の殺菌とこのときに入れるホップなどの香りを麦汁に溶け込ませる作業です。

やじるし

4.冷却

煮沸して熱くなっている麦汁を酵母達が元気に活動出来る温度まで下げる作業です。

やじるし

5.酵母添加

温度の下がった麦汁に酵母を添加し発酵させます。ここから糖分が酵母に分解されアルコールが出来始めます。

やじるし

 

6.発酵

 発酵が始まって一月と一週間。皆様に地ビールをお出しする準備が整いました。

耳寄り情報!仕込み過程で出る麦芽、譲ります

地ビールの仕込み過程で出る麦芽作業でぬか床ができるんです。
*麦汁を絞ったあとの麦芽
みなさん、ご存知でしたか?
この麦芽で美味しいぬか漬けができちゃうんです
きゅうり、なす、にんじん、セロリ、なんでもござれです。

そしてうれしいことに麦芽にはビタミンB郡がたっぷり!
疲労回復や美肌効果の期待大なのです。
お店のお姉さんのお肌がつるつるなのは麦芽のおかげ?

いいとこだらけの麦芽を、お譲りします。
*必ず事前にご連絡をお願いします。
直接取りに来ていただける方のみとなりますのでご了承ください。

*当店では未成年のお客様への酒類の販売は一切いたしておりません。

 

 

2013510184432.jpg

美味しい糠漬けのきゅうりができあがりました